お知らせ

【和の結婚式でゲストが参加できる演出とは!?】和婚ウエディングレポートをご覧ください☆

【和の結婚式でゲストが参加できる演出とは!?】和婚ウエディングレポートをご覧ください☆

  • お客様の声

 

「和風の結婚式がしたいですか?」

「挙式のスタイルは神前式がいいですか?」

「結婚式のお料理は美味しい方がいいですか?」

この3つの質問の内1つでも『そうかも!』と思ったら

こちらのウエディングレポートを是非ご覧ください!

 

 

 

 

新潟県長岡市の結婚式場

長岡ベルナール、料亭いまつの松田です。

 

 

 

 

今日ご紹介するのは

神前式を行い、料亭いまつという

和モダンな会場でパーティーを行ったおふたりです。

 

 

 

 

そんなおふたりの結婚式こだわりポイントはこちら!

◆だるまのケーキに目入れセレモニー

◆ちびっこカメラマン

◆フルーツポンチサーブ

 

そして結婚式のスケジュールはこちら!

◇11:15 神前式スタート

◇12:30 料亭いまつにて披露宴

◇15:00 おひらき

(料亭いまつでは1日1組様限定の結婚式をお手伝いしてます)

 

最後にゲストへのおもてなし方法はこちら!

□高級食材を使った老舗料亭の料理

□子どもからお年寄りまで楽しめる演出

□白無垢、色打掛、カラードレスと沢山の衣裳を見てもらう

 

 

 

素敵なウエディングレポートを是非ご覧ください!

 

 

11月4日、文化の日の翌日の結婚式でした。

過去5年間、11月の1週目の日曜日は晴れているみたい!

確かにそんなイメージがあります☆

この日も晴天!!

また、徐々にベルナールも紅葉めいてきて

正面玄関が素敵になってきました\(^o^)/

 

 

お2人は神前式、料亭でのパーティーだったので

ウェルカムアイテムも和の物を沢山置いていました

 

 

受付に飾った夫婦の扇子は

パーティー会場のメインテーブルにもかざられました。

 

 

『きょうはめでたいけっこんしき』

とかかれたこの本は、ページをめくると

どのページにも素敵なかつらが描かれています。

 

 

小さなお子様ゲストが大喜び!

 

 

いろんなページを開きなりきっています!

 

 

お二人の結婚式ではお子様のゲストが多く、

大活躍します!

 

 

ちょんまげもかわいい\(^o^)/

 

 

こちらは受付においたフルーツのカード

ここにゲストの誕生日とお名前、メッセージを書いてもらい…

 

 

2019年のカレンダーにはっていただきます!

お2人が新居で使うカレンダーにゲストの誕生日が書いてあることで

お祝いの連絡がしやすくなりますね!

式後もゲストとの付き合いを大切にしたい

おもてなし重視のお2人らしいアイテムです!

 

 

神前式で新婦様がお召になるのは白無垢!

赤いラインがはいっていて可愛い印象です!

ブライダルネイルも白無垢にぴったり!

 

 

これから神前式がスタートします!

 

 

ベルナールの神殿には70名着席可能な

大きな神殿の用意がございます!

開放感がありますが、厳粛な雰囲気なので

親族のみの挙式にもぴったりです!

 

 

神主様も蒼柴神社からお越し頂いております。

 

 

出雲の大神をまつった歴史と伝統ある

本格的な神殿です

 

 

三々九度の儀

 

 

指環の交換

 

 

玉串奉奠をすることで

日本の神様に祈りをささげます

 

 

神前式後ゲストの皆様から祝福の鶴シャワー!

 

 

ゲストからの祝福を受け取りました!

 

 

そして披露宴会場の『料亭いまつ』へ

 

 

緑溢れる日本庭園を抜けてパーティー会場へと進みます

 

 

披露宴会場はシンプルな作りなので

お二人の選んだ装飾が映えます。

メインテーブルには受付に飾った夫婦扇子を!

メインテーブルにお二人の好きなアイテムを置けば

ゲストとの会話の種にもなるし、

お写真の中にも映り込むからおすすめ!

 

 

ゲストが席に着くと、すぐにお料理が運ばれてきます!

 

 

そして白無垢から色打掛にかけかえて

パーティー会場へと入場!番傘をさして入場します。

 

 

今日来てくれたゲストに感謝を伝える

ウェルカムスピーチは新郎様と新婦様両方から!

 

 

乾杯後はゲストとのお写真タイムがスタートします!

 

 

そこで登場する『ちびっ子カメラマン』

3名もいます!これはベルナールカメラマンが必要なくなるか!?

 

 

お二人の姿だけでなくゲストのすがたもバッチリ撮りました!

お子様からの演出は和みますよね!

 

 

そしてお子様ゲストがウエディングケーキを

お二人のもとに届けます。

 

 

片目のだるまさんケーキです(*^_^*)

倒しても起き上がるところから縁起のいいダルマは

和の結婚式にはぴったりです!

なんで片目かと言うと…

 

 

願掛けをするときは左目に目を入れ

願いが叶ったら右目に目を入れます。

結婚という願いが叶ったお二人だから

右目に目を入れるわけです!

2人でだるまを開眼させることで

願いが叶ったことをあらわすのです(*^_^*)

 

 

そして「一生ご飯を作ります」と言う意味を込めて

新婦様から新郎様へ沢山の愛情がこもったケーキを

食べさせます。

 

 

こちらはゲストに召し上がっていただく料理です。

メインディッシュはゲストが肉か魚を選べるシステムです!

 

 

料亭だから和食がベースですが、ゲストの好みによって

選べるのも良いところ!

料理長自ら市場で仕入れた高級食材を使い

京都や大阪で学んだ食の知識から、芸術的な料理を創るから

味は格別です!!!

また、料理の細かい内容の打合せもできます。

この結婚式では、新郎家の実家でお米を作っているので

南魚沼産のコシヒカリを使ってちらし寿司をゲストに振舞いました☆

 

 

お色直し入場で新婦様はカラードレスへ!

いまつは会場がシンプルな創りだから

ドレスも映える会場なのです!

そして新婦様がゲストに何かを渡している様に見えますが、

これは実は逆でございます。

ゲストが新郎新婦にフルーツの盛り合わせを渡していきます。

 

 

ゲスト分のフルーツが集まった所で、

 

 

お2人からサイダーを入れ

フルーツポンチを完成させます!

 

 

新郎様はコックさんの格好、

新婦様はエプロンをつけて…

 

 

ゲストに今度は振舞って行きます!!

 

 

フィナーレを飾るのは

育ててくれた母へ感謝の手紙朗読です。

 

 

結婚式で一番感動するシーンですよね!

 

 

おもてなしたっぷりだった結婚式が

フィナーレを迎えました。

 

 

 

 

 

 

 

 

以上がお二人のウエディングレポートでした!

 

 

 

0258-36-7700
受付時間 11:00~20:00(火曜定休)